学問・資格

2007年8月21日 (火)

職印完成~♪

Hi380052
待望の職印が完成しました。
人と人とのつながりなどを考えて,意味のある文字のつながりになっているそうです。
早く仕事で押したいもんです。

今日は出かけたついでで,税務署に開業届けを出してきました。
併せて青色申告の申請も済ませてきました。
青色申告は,大学のときの税法の先生が
「青色申告は百利あって,一害もなし」みたいなことを断言してたので,まんま信じてみます。
さしあたって,所得控除の額が増えるのと,純損失の繰越しができるのだけでも意味があります。
複式簿記は,さすがに半年間も会計の勉強をしていたので,面倒くささがありません。

ただ,普通に事業を始めようと考えている人には,大変なんだろうな~と思いました。
隣のテーブルで,飲食店でも始めようとしていると思われる夫婦が
「あーでもない,こーじゃない?」
と,やってたくらいですし
税理士のアドバイスは受けてたみたいだけど,そのわりには苦労されてました(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

登録完了

神奈川県行政書士会より,申請しておいた行政書士の登録が,8月1日付で処理された旨の通知がありました。
これで,ようやく行政書士を名乗ることができるようになりました。

ただ,登録されたといっても,それはあくまでも,書類上のハナシ。
行政書士証票やバッヂの受け渡しは月末になります。
また,中身が伴うように,早く業務に慣れる必要がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

こんなもんか~?

司法書士による借金の任意整理の仕事を垣間見る機会があった。
任意整理によって,借金総額が10万円ほど減っていたが,その手数料は20万円を超えている。
支払い回数の調整により,月々の支払いは減るようなので,意味が無いわけではないが,
依頼人の負担は逆に増したようである。

その司法書士は,「借金の整理をしてほしい」という,依頼の沿った仕事をしているわけで,全く非難されるわけではない。
しかし,その依頼の根底にある,「家計の収支バランスが失われている」ことを全然見ていない。
月々の決まった支出を抑えるため,何の対策も施していなかった。
例えば,確定申告を行っていないため,受けられる医療費控除を受けていなかったり,
国民年金や国民健康保険の減免の申請もしてない。
それによって,返済に対し確実に影響があるか?は未知数だけど,どう考えたってマイナス要因にはならない。
借金には直接関係無いけど,アドバイスくらいしてあげればいいのに~,って素直な感想である。
法律家も選ぶ時代ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)