経済・政治・国際

2010年11月18日 (木)

国会答弁の空気

今日は,国会議員でもある行政書士の先生のはからいで,
議員会館で国交省との意見交換ののち,国会の傍聴・見学をさせてもらいました。

傍聴は,ちょうど参議院の予算委員会を見れたのですが,
入るなり,テレビの国会中継でよく見る
議長席に議員がワラワラ詰め寄る場面でした。。。。(^^ゞ

柳田法務大臣と菅総理が答弁に立っているところで,
時事にタイムリーで,非常にいいものが見れたかな,というところです。

テーマはもちろん,尖閣問題にかかるところですが,
テレビでは伝わらない空気を感じることができました。
正直,どうでもよい末節の論点で政府を攻撃してますね。
しかも,それが細かい法律の解釈にかかるところで,知らなきゃ答えられるわけ無いのに,
知らないのを知ってていじめてる,ミタイナ。
ま,答弁も,「そこまで知りません」と,正直になってましたので,「無知の知」ってことで良いのですが。
「だからダメなんだ!」と,ヤジが飛び,,,魔女裁判ですか?
もっと大事なとこ真剣にやらなくていいのかな?と
激しい論戦を繰り広げている,,,フリをしているように感じました。

そんな中,片や,後ろの席では,
某美人系議員とにこやかに雑談(と思われる)してる議員(もちろん男)もおり,
いや~,日本って平和なんだな~と,安心いたしました。

で,ちなみに,私の参加した,国交省との意見交換は,
政策グランプリ|自動車登録手続の簡略化

についてでした。
こっちのほうが,より実務的な中身のある議論になっていたかと思います。
やっぱり,中身を知ってる人同士で話しないとダメってことですね。

いろいろと話していくうちに,車両にナンバーを取り付ける行為もネックになっているようなので,
もちろん,ナンバープレート自体は無くせませんが,
今の管轄主義での登録・ナンバー管理をやめたら,かなり簡略化できない?と,提案いたしました。
我ながら,逆転の発想でナイスアイデア!と思いましたが,
すでに省内で指摘は出ていて,具体的に検討されているようでした。
先を越されました。。。

自動車登録制度の行方は,興味深いところでもありますので,引き続き注目したいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自動車登録のあり方に関する検討会の概要がありましたので,追加。
国土交通省|自動車のあり方に関する検討会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

消費税増税と還付制度

選挙が1週間後に差し迫り,街中もにぎやかになってまいりました。

さて,いつのまにか消費税増税が議論の中心になっているようですが,税率アップは個人的にはしょうがないのかな,と。
ただ,還付って必要?かな?

税金には,平等と公平という,似て非なる課税理論があるのですが,消費税は平等理論の最前線を張ってると思います。
所得が多かろうが少なかろうが平等に課税されています。
極めてシンプルです。

ここに公平の要素を加えようというのが,還付の理由だと思いますが,それは所得税なりの直接税で調整すればいいのではないかと。
仮に手取り年収300万円世帯で,まるまる支出したとして,増税分は15万円(5%分)でしかありません。全部増税負担を無くす義理は無いので,気持ち所得税率を調整すればいいわけです。
おまけで直間比率も調整できます。

また,税金には応益負担と応能負担という課税理論もあります。これは,「利益(行政サービス)を受けただけ払いなさい」と,「稼いで払えるなら払いなさい」という理論です。(すごい大雑把ですが)
所得税は応能負担です。(そのために累進課税になってます)
そこから見ると,解りやすく消費税は応益負担に徹していいと思います。

消費税(に限りませんが)で理想の公平を言うならば,年間の総支出額(収入ではない)で税率を変えるのがいいと大学の時の税法の先生が言ってました。
当時,なるほど!!と,感動した記憶があります。

これは,一時的に収入が増える人(芸能人・スポーツ選手など)にとても優しくなります。
それでいて,いつかはそのお金を使うので,その時漏れなく課税されます。
金持ち優遇でもありません。
ただ,リアルタイムに年間総支出額を把握し課税することは容易ではありません。実現は難しいでしょう。

中途半端な逆進性対策は事務コストもかかるし,全体のバランスも欠き,無駄だろうと思うのですが,,,
今後が気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)